TAGS: HISTORY

HISTORY バンコクのコカレストランについて20年ほ。今やタイの経済水準は、中進国の分類です。バンコクのコカレストランについて

20年ほど前に行ったのですが、その時はその店食堂風で高くなかったのです しかも、時々一瞬停電になり、そのたびに非常灯が付きました

今度バンコクへ行くので見てみたら高級店で日本と変わらないような値段とありました

20年で変わったのでしょうか HISTORY。ヒストリー ミールワークスの原点ともいえるコカレストラン。マンゴ
ツリーの誕生から。 これまでの歩みをご紹介します。ミールワークスの原点
ともいえるのは。年に誕生したタイ?バンコクの「コカレストラン」。今
では世界各地のコカ私もぼったくられましたsiam。タイスキといえば最も有名なお店としてしならない人はいない「コカレストラン
」。日本にもチェーン店よく。バンコクに遊びに行っていたわりには。
タイスキデビューが年ほど前のため。まだまだ初心者です。 今回も。

『ソンブーン』のプーパッポンカリーが国外へ進出しないワケとは。すでに日本へ進出している『レストラン』や『コカレストラン』に勝るとも
劣らないネームバリューを持ちながら。なぜ日本へ出店しないのか。いや日本
「年ほど前。とある日本人の方から連絡がありました。彼は『バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの紹介:行き方や。今回はそんなタイスキの老舗のコカレストランでのタイスキの食べ方や行き方
そして全メニューを紹介します。場所はスクンビット通りのソイで。
スクンビット通りから歩いて分ほどの左手になり非常に行きやすい立地コカ。日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでコカ レストラン
スクンビット店や他のグルメ?レストラン施設の見どころをチェック! コカ
レストラン スクンビット店はバンコクで位の地元の料理です。施設情報
については。時間の経過による変化などにより。必ずしも正確でない情報が当
サイトに掲載されている可能性が; 旅行時期。/約年前;
スクンビット店はスクンビット通りのソイを約メーこの店のタレは。
見かけほど辛くない。

コカレストランCoca。タイの首都バンコクに本店を持つ年創業の「コカレストラン」は「タイスキ
」と「タイ料理」のレストランです。今ではカ国約そのコカレストランの
ルーツは。実はスリチャイさんと妻パタマさんが始めた席ほどの質素な広東
料理店でした。今から約15年前。現在の日本のコカレストランオーナーで
ある小島由夫は。健康志向が高まりつつある時代の流れを感じていました。
そこで。バンコクのタイスキの人気店。バンコクのタイスキの人気店。とコカを徹底比較の記事です。大きな
ショッピングセンターや百貨店に行けば。必ずといっていいほど目にする
レストランの看板。は食べ放題のビュッフェを実施しています。~
はバーツ約円。~はバーツ約円。

バンコクのコカレストランについて20年ほど前に行の画像。

今やタイの経済水準は、中進国の分類です。アジアだと、中国、マレーシアなども該当します。当然、これは国全体の平均値の話ですので、タイで1番栄えているバンコクだけに関していえば、先進国並の値段で売っているお店も随分と増えています。ローカルなお店では未だに200円出せば十分食べられますが、それなりのレストランとなれば、もう日本とあまり変わりません。バンコクの中心街も、東京の新宿や大阪の梅田のようになっています。お洒落なデパート、レストランばかりです。タイをはじめ、アジア諸国の多くは未だに日本より物価が安いですが、もう豪遊できるほどの安さではありませんね。かつて高級店にいるのは日本人ばかりでした。しかし、長年の不況とタイというかアジア諸国の急成長の影響で、日本人の財布では、もうそれが厳しくなっています。タイに限らず、アジア諸国で高級店や高級ホテルにいるのは、経済成長が続いている中国、韓国、香港、シンガポール人ばかりです。今でもそれなりに安いと感じるのは、ミャンマー、カンボジア、ベトナムなどですね。東南アジア内でも差が出てきているように感じます。わかりますわかります。20年前というか 25年前というか 当時は大丸がありました。日本人に人気でした。今でも ある程度の年齢の人に大丸の話をすると そうそう とお互い笑ってしまいます。あの時のバンコクの面影はどこにもありません。私もあれから長いことBKKに行ってなくて久しぶりに3年前に行き もう本当に驚いてしまいました。コカも昔は 暑い中で汗をかきながら食べました。本当に庶民のお店って感じでした。高級感なんて これっぽっちもなかったです。あと ちょいと高級感があったのが 当時日本人に人気だった チットポチャナ今はあのお店はありません。もうとにもかくにも変わり、日本以上におされなパラゴン、ここはブランドばかり。そして ビルもすごいデザインで 日本をはるかに凌駕しています。スカイトレインは 動画をガンガン流しています。昔はスクンビットソイ25とかは地の果てでしたが、今や 中心地です。いやはや 驚く御姿が目に浮かびます??はい、あちらの高級店はフレンチにしても日本よりほんの少し気持ち安い程度と思ったら当たっています。タイスキ のレストランとして MK と共に昔から有名ですね。20年ほど前、その頃は確かにまだ停電が頻繁に有りましたね。地方では、まだ時折停電は有ります。特に雷雨の後は。首都バンコクでも全く無くなったという事でも有りません。今月、あるショッピングモールで停電になった。というニュースも聞いています。物価は確かに上がりました。以前の様に物価の安いタイというイメージは有りません。その頃は、フードコートで100バーツ有れば、3~4品注文できましたが、今では1皿+水 程度です。ある有名フードコートでは、カオパットムー豚肉入りチャーハンが80バーツ位エビ入りで確か120バーツするのですから、驚きです。コカ と MK レストランは、高級店 というイメージは有りません。「MKGOLD」という高級レストランが有る様ですが、私は行ったことは有りません。決して馬鹿にするつもりは有りませんが、コカ も MK も、タイ人の肉体労働者クラスで有れば、高級と言えるでしょう。しかし、一般的な中級タイ人クラスであれば、時折家族や友人たちと共に食事をする一般大衆向けのレストランだと思います。20年のカルチャーショックは、大きいと思いますよ。バンコク在住です。タイは発展途上国から中進国入りし発展が続いています。日本の高度成長期時代のような感じです。そのため20年経てば建物もインフラも大きく変わります。タイの物価は、20年前と比べて2~2.5倍程度になっています。為替は、20年前が1バーツ≒2.8円位でしたが、現在は1バーツ≒3.5円位になっています。ですので20年前に100バーツだったものは現在200~250バーツ位になっていて、円換算すると、280円だったものは700円~875円になっています。現在コカレストランで食事すると、アルコールなしで1人500~600バーツ位が目安になります。たぶん20年前なら200~250バーツ560~700円位だったと思います。タイは物価が安いとテレビなどで報道されますが、現在は平均で日本の2/3近くまで来ていると思います。もちろん安い物もありますが、すでに日本より高いものも多くなってきました。20年ぶりにバンコクに来られるなら、その変化に驚くと思います。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です