TAGS: 鯨だけでなく

鯨だけでなく 鯨を食べる理由食べちゃいけない理由はなんで。捕鯨は、鯨肉を食べるか食べないかの話では無く、増え続ける鯨によって日本近海の魚が食べられて、日本の漁獲量が減っていることが問題なのです。鯨を食べる理由、食べちゃいけない理由はなんですか 鯨食文化の保全、食料自給率のため、単純においしいから、食べるのでしょうか 知能が高いから、数が少ないから等の理由から保護する必要があるのでしょうか あと、鯨を食べたことないんですが、捕鯨が本格的に再開したとして鯨食が世間に浸透するのでしょうか クジラはなぜ食べてはいけないのか。LAのある日本食レストランで。こっそりとクジラの肉をお客に出したのが
みつかった事件で。最近。有罪の判決が下された。 日本人がクジラを捕って
食べることについて。欧米人ってなぜそんなにメクジラをたてるのだろう鯨だけでなく。世界に向けて日本の印象を悪くするリスクに対してその食文化を守るメリットと
はなんでしょうか?僕はクジラを食べないし。そんなにその文化を守らなくて
もよいとは思いますが。この問題で安易に に迎合すべきではないように思い
絶滅させるほどとってはいけないでしょうけれど,適切に取れば漁獲量も
上がるかもしれません.日本の残していくべき文化を一つ挙げるとすれば何
ですか?

「“商業捕鯨一時停止”という言葉は。戦前から。南氷洋捕鯨の基地としての役割を果たしてきたこの街で。年から
鯨食文化を発信し続けてきた料理店がしかし。年に。下関でその当時唯一
存在したクジラ料理店が閉店した際。『クジラを食べる人がいに立つのは。
お客さまにできる限り正しい情報を提供できる人でなければいけないと考えて
いるからです。お客さまにはどんなことをお話されるんですか?お店で
クジラを食べたお客さまに。クジラの魅力を周囲に伝えてもらえたら本望「くじらを食べるな」その理由。反哺鯨キャンペーンに力を注ぐ環境団体の人々にインタビュー。「くじらを
食べるな」その理由を聞いた世界が抱く日本のイメージには様々なものがある
が。中には「食べてはならぬクジラを食べている国」捕鯨に反対する主な
理由は何ですか。さらには。我々がクジラを食べなければいけない理由という
のがそもそもないからです。あまりに需要が低いので。日本政府はクジラを食
文化として浸透させることを目的とするマーケティング会社さえ設立

日本とクジラ。もちろん経済的な理由もない。捕鯨は日本の伝統文化に基づくもので。日本の
漁師は何百年にもわたってクジラを捕獲してきたし。何を食べてい
だからといって英国人に食べるなとは言わない」と言ったことがある。長崎のくじら食文化について。いい部位のみを選んで食べる「贅沢」な長崎文化。長崎とくじら食文化について
と言われるのは。こういう理由があるからです。 長崎県の鯨の人こんなに
美味しいくじらを。なぜ捕っちゃダメになったんですか?」と 20代の若い
女の子から疑問が上がりました。 これは。アメリカ×日本の戦争なんですね。
世の中って金で動いてるんですか?他力本願な気持ちじゃいけないですよね。
長崎県の人口は約万人。その中でトン~トンは食べていると思われ
ます。

捕鯨は、鯨肉を食べるか食べないかの話では無く、増え続ける鯨によって日本近海の魚が食べられて、日本の漁獲量が減っていることが問題なのです。鯨にも色々な種類がいて、日本が捕鯨している鯨は、数が少ない鯨ではありません。増えすぎて困っています。日本の捕鯨に反対しているのは、日本に魚や肉を輸出している国です。日本の漁獲量が増えたら、売り上げが減るのでは無いかと心配しているのです。知能が高いからという話はよく聞きますが、知能は豚の方が高いです。50代の人間ですが、食生活ってのは恐ろしく保守的なものですからね‥幼少の頃食べたものは一生忘れられないし食べたいもんです。今の40代以上だと思うけど、食料として日常的に食べてた世代がいるかぎり、食べたいという需要はなくならないと思いますよ。もちろん、種の保存に影響するようなのは論外ですし、その心配がなくても野生動物としてきちんと管理できる絶対的な確信があるならですが。食べちゃいけない理由は‥なんだかんだ言っても、やっぱり、クジラに人と同質性を感じる人が多いからだと思います。今後の鯨食については‥恐らく滅びるでしょうね。資源は限られてるので高値で安定すると思うし、若い世代はそこまでして食べたいとは思わないでしょうから‥それに、今後は食材として競争にさらされ、国の保護や補助金はあてにできませんしね。もし、それをするなら、世論は一気に反捕鯨に向かうと思います。ただまあ、日本自らの意思で捕鯨という産業に終止符をうつという意味では、商業捕鯨の再開は正しい選択だと思います。>食べる理由食用動物だから。>食べちゃいけない理由愛護動物だから。根本はこの2つですね。他の理由はどちらも正論化する為に理由を探して付け加えたり、反対側はその理由の揚げ足をとってみたりと醜い争いをしてますw知能が高いとか低いとか、牛はブタは?がいい例ですね。食用派は捕獲を正当化したいので”増えている”と言い、センサーの精度を上げれば発見数は増やせます。愛護派は捕獲をさせたくないので”減っている”と言いますが、ちゃんと探さなければ発見数は下げられますでも実際は太平洋を越えて移動するクジラの増減を調べることはできません。食べる動物か、かわいがる動物かなんてどっちにしろ人間の思い込み次第なので答えはありません。大事なのは考えが偏りすぎないことだと思いますwで、どっち派かは国ごとにわかれるんですが、ほとんどがその国の中で納まる話で、他国とは認識が共通してれば売買するので揉めませんがクジラが問題なのは異なる認識の国境を超えて移動することなんですよね。あと、漁が再開されても出回り方はそんなに変わらないと思います。というか、再開される前から食べれるところに行けば食べられてますし。現在提供していないお店にとってはちょっと勇気がいるのでわざわざ仕入れるかなぁと。現在メニューに出している店の仕入れ量が増えるので食べられる店が品切れになりにくくなる。って感じだと思いますよ。鯨を食べる理由は、漁業資源をクジラに食べられないようにする為です。日本の漁業を護る為、反捕鯨国の牛肉を食べない為、鯨を食べて、捕鯨を応援したいです。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です