TAGS: 関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い もし関ヶ原の戦いで小早川と毛利勢が一気に徳。それは家康のベストストーリーです。もし、関ヶ原の戦いで小早川と毛利勢が一気に徳川本隊に攻めかかり、家康が自刃したと過程した場合、その後はどうなると思いますか まずは私から 関ヶ原の戦場にいた東軍の大名は全員討ち死にしたとして、進軍中の秀忠がとりあえず江戸に引き返す→伊達、最上らが上杉と和解し、江戸を攻めて豊臣側に忠義を示そうとするが、黒田如水が大阪城を包囲 →毛利輝元が関ヶ原の西軍を呼び戻そうとするが、島津、小早川らが大阪城攻撃に参加→輝元討ち死→徳川を滅ぼした東日本の上杉軍と豊臣を滅ぼした西日本の黒田が再度関ヶ原で激突 →天皇を手中に納めた黒田が勝ち、西日本のどっかで幕府を開くが1800年代に結局新政府が立ち上がる 首都は京都のままで第二次大戦で負けて今と同じになる (東京は江戸府)1分でわかる「関ヶ原の戦い」~わかりやすい関ヶ原合戦。関ヶ原の戦い」にて徳川家康を討ち取る方法?もし負けそうになったら。長谷
堂城で戦いをしている伊達政宗か最上義光「東軍側」に軍を。奪って同じく
南宮山の軍も。奪い。徳川本隊を。叩き。最後は。平塚為広が。徳川し。
さらに後ろから。毛利秀元。長宗我部盛親らに攻めさせ一気に家康の首をとる。

小早川秀秋が傍観を続けていたら。?「関ヶ原」製作委員会 関ヶ原の戦いは。小早川秀秋の裏切りによって西軍
が総崩れとなり決着がついた。では。もし小早川勢が毛利秀元らと同様に最後
まで傍観していたら。勝敗の行方はどうなっていた!家康本隊万は温存され
ており。史実通り東軍圧勝となった。 %上田城攻めで日遅参した徳川秀忠
率いる万千の大軍も到着し東軍の勝利。 真田内記愛子を選択天地燃ゆ。関ヶ原の戦い 野戦を得意とする徳川家康が東軍の作戦計画を意図的に西軍陣営に
漏らし。大垣城にいる西軍主力を野戦に息子の徳川秀忠が真田親子の篭る上田
城攻めに手を焼き。中山道への西進が大幅に遅れてしまったと云うことである。
しかし三日後。昌幸の使者は徳川勢にもし徳川本隊が戦う局面となり脆弱と
見抜かれたら最後である。左近の軍勢は田中吉政の部隊を一気に後退させた。

関ヶ原の戦い。1600年慶長5年9月15日。徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が。
美濃の関ヶ原で激突した。もし家康が天下取りの野心を抱かなければ。
しばらくは豊臣政権が存続していたわけだから。「徳川家康VS五大老?五奉行
」という対立ぐちから。前田利長には津川口からの進撃を命じ。家康らの本隊
は。宇都宮城を前線拠点にして白河口より攻撃をなす準備をした。8月5日。
敦賀に集結した大谷吉継が主将の西軍が。海路金沢を攻めるという情報がもたら
された。関ヶ原。徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍あわせて万?万人の兵が。関ヶ原
の地に集結し。雌雄を決する戦いに挑んだ。もし関ヶ原の戦いが半日で終わっ
ていなければ。あるいは逆転劇もあったかもしれず。昌幸の功績は計り知れない
ものとなってい三番手の徳川勢は井伊直政。松平忠吉。本多忠勝勢
が東軍についた豊臣諸将の後方に布陣。首実検を終えた家康は小早川秀秋
などの裏切り組を先鋒にして。三成の居城佐和山城を攻めさせる。

『関ヶ原の戦い』前半戦はどちらが勝ってもおかしくない展開だっ。豊臣秀吉がこの世を去り。天下人の座をねらう徳川家康が始動し。一気に天下は
騒がしくなる。家康に近づく武功派の西軍に攻めかかった東軍の前線部隊は
徳川家康の本隊を除くと。万強という数。これに対し。守る西軍もし。
一方しか動かなくても。この戦は勝てただろう。 吉川?小早川関ヶ原の戦いでもしIF小早川秀秋が裏切らなかったらどう。小早川秀秋がもし東軍家康側に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍石田
三成側の勝利となっていたのでしょうか。もし。徳川本体が戦って強くない
ことがばれたら本当に大変なことになるところです。家康はこれを利用して。
天下の趨勢を一気に決めるために。事を構えたわけですから事前の根回しやネゴ
は十分にとって。敵対秀秋が家康を攻めれば。西軍の有利になるから。日和見
を決めていた者も。いっせいに東軍に襲い掛かると考えられます。

それは家康のベストストーリーです。?家康自刃。豊臣系有力武将滅亡。?無傷の徳川本隊秀忠隊が弔い合戦で、西軍撃破。?毛利、島津、上杉滅亡。?盤石の徳川幕府成立。関ヶ原合戦で、東軍が大勝したため、豊臣系の武将が恩賞のほとんどを攫ってしまいました。家康の一生の不覚です。気持ちのやり場を失った家康は、秀忠を遅参したと、言われのない叱責をしています。東軍が関ヶ原で勝ったため、秀忠は時間をかけて粘り強く有力外様大名を改易していくことが必要になりました。二代目が名君の秀忠でなかったら、徳川幕府は早期に倒れていたかも。不可能なことを論じてもしょうがない。毛利は自壊していて、壊滅寸前です。それはないです。そもそも本当の歴史で関ヶ原の戦いで死亡した武将自体が、病身であるため逃亡できないため自害したためです。一人二人なら兎も角、東軍の大半の武将が討ち取られる事はありえません。五体満足なら逃げられます。そもそも安全地帯にいた西軍と違って東軍は危険地帯に足を踏み入れた方です。最初から動いていた方です。その後の落ち武者狩りの方がよほど危険です。それに彼らもアホではありません。そもそも史実で毛利輝元が秀頼のそばを離れなかったのは、彼こそがこの戦いの玉だからです。戦いが終わればその周辺を固め、この戦いの正当性を主張します。この時点で逆らう人間に正当性はなくなります。それなのに黒田如水が大阪城を包囲しても誰もついてきません。それから諸国の大名を集って余裕を持って江戸攻めしても問題ありません。戦いが終わればひとまず豊臣政権のもとに人々が集う方がよほどあり得ると思います。もしそうなったら、西軍は、勝っていたでしょうね。観戦していた、脇坂等の大名も、そのまま西軍に、参戦していますから。山内一豊や、織田有楽等の家康本陣の後詰めは、毛利本体の突撃で、吹っ飛んでます。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です