TAGS: 酬李端公野寺病居见寄

酬李端公野寺病居见寄 酬李端公野寺病居見寄 朝代:唐代 。まず前提として、この詩は唱和詩と呼ばれるもので、李端の「野寺病居喜盧綸見訪」野寺に病居し盧綸に訪ねらるるを喜ぶに対する返答であることに注意してください。酬李端公野寺病居見寄
朝代:唐代 作者:盧綸

野寺鐘昏山正陰,亂藤高竹水聲深 田夫就餉還依草,
野雉驚飛不過林 齋沐暫思同靜室,清羸已覺助禪心 寂寞日長誰問疾,料君惟取古方尋

この詩の書き下しと訳を教えていただけませんか 《酬李端公野寺病居见寄》繁体版全文。酬李端公野寺病居見寄 唐代-盧綸 野寺鍾昏山正陰,亂藤高竹水聲深。 田夫就饷還
依草, 野稚驚飛不過林。 齋沐暫思同靜室,清羸已覺助禅心。 寂寞日長誰問疾,
料君惟取古方尋。 复制内容 点此可制作古诗图片 原文内容 酬李端公野寺病居见寄酬李端公野寺病居见寄。朝代。唐代 作者。卢纶 原文。 野寺钟昏山正阴,乱藤高竹水声深。田夫就饷还依
草, 野雉惊飞不过林。斋沐暂思同静室,清羸已觉助禅心。 寂寞日长谁问疾,料君
惟取古方寻。 酬李端公野寺病居见寄 免责声明。本文含所附图片由热心

野寺钟昏山正阴,乱藤高竹水声深出处哪首诗。《酬李端公野寺病居见寄》是一首唐朝的诗,作者是唐朝诗人卢纶,本文内容包括
。唐朝诗酬李端公野寺病居见寄诗全文,野寺病居见寄这首诗的出处,酬李端公
野寺病居见寄是什么朝代的诗,酬李端公野寺病居见寄诗的内容,唐朝诗句野寺钟酬李端公野寺病居見寄。酬李端公野寺病居見寄原文。酬李端公野寺病居見寄 朝代。唐代 作者。盧綸 同類型的詩文。 暫無標籤 原文
野寺鐘昏山正陰,亂藤高竹水聲深。田夫就餉還依草, 野雉驚飛不過林。齋沐暫思
同靜室,清羸已覺助禪心。 寂寞日長誰問疾,料君惟取古方尋。 譯文 暫無譯文酬李端公野寺病居見寄。ㄔㄡˊ ㄌㄧˇ ㄉㄨㄢㄍㄨㄥㄧㄝˇ ㄙˋ ㄅㄧㄥˋ ㄐㄧㄐㄧㄢˋ ㄐㄧˋ 酬李端公野寺
病居見寄 朝代。唐代 作者。盧綸 原文。 野寺鐘昏山正陰,亂藤高竹水聲深。
田夫就餉還依草, 野雉驚飛不過林。齋沐暫思同靜室,清羸已覺助禪心。 寂寞日長

酬李端公野寺病居见寄。野雉惊飞不过林。斋沐暂思同静室,清羸已觉助禅心。 寂寞日长谁问疾,料君惟取
古方寻。 作者头像 酬李端公野寺病居见寄卢纶介绍 卢纶约-约,字允
言,唐代诗人,大历十才子之一,汉族,河中蒲今山西省永济县人。天宝末举

まず前提として、この詩は唱和詩と呼ばれるもので、李端の「野寺病居喜盧綸見訪」野寺に病居し盧綸に訪ねらるるを喜ぶに対する返答であることに注意してください。※唱和詩:一方が詩を送り唱、もう一方が返答する詩を送る和すること。書き下し「李端公の野寺に病居するに寄せらるるに酬むくゆ」野寺鐘昏し山正に陰,藤亂れ竹高く水聲深し。田夫餉に就き還かえりて草に依り,野雉驚きて飛び林を過ぎず。齋沐暫思して靜室を同じうし,清羸已に覺る禪心を助くると。寂寞日ごとに長く誰か問疾せん,君を料はかり惟だ古を取り尋ぬるに方あたる。訳「李端公が仏寺で療養し見舞いに訪れたところ送られた詩に返答する」寺の僧が日暮れを知らせる鐘を鳴らすと山は丁度暗くなったところで、フジが生い茂り竹の背は高く流れる水の音が深く響き渡る。農夫は夕食を取るため帰路に着きその姿が草むらに隠れ、キジが農夫に驚いて飛び去り林を通り過ぎることが無くなった。身を清めて沐浴し、少し思案して修行の場に同席すると、病で痩せたあなたの姿はそのような体が精神を集中させる禅定の心を手助けするのだと既に理解しているようでした。孤独の寂しさは日増しに長くなり誰が見舞いに訪れるでしょうか、あなたのことを思い古の故事の通りに訪問した次第です。野寺:野外にある=都市内部ではない寺院の施設鐘昏:鐘を撞く。依草:草むらに姿が隠れる、身を隠す。『後漢書』に黄巾賊が草むらに隠れて布陣したことを「依草結営」とする用例がある。『後漢書』71巻、皇甫嵩伝:嵩、儁各統一軍,共討潁川黃巾。……今賊依草結營,易為風火。齋沐:齋は齋戒、身を清めること。沐は沐浴。靜室:修行の場。清羸:痩せこけて弱る。禪心:仏教用語。精神を集中させる禅定の心。問疾:お見舞い。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です