TAGS: 車の寿命はどれくらい

車の寿命はどれくらい 年式に対して走行距離が短い車のタイ。よーくわかります、確かに判断が難しいですね。年式に対して走行距離が短い車のタイミングベルト交換の判断はどうしたらいいのか教えて下さい

先日、中古のスバルレガシィB4(EJ20、NA、5MT)を個人売買で購入しました 年式は平成15(2003)年ですが、走行距離が約3万キロという極端に短い車です

タイベル交換の目安は10万キロというのが常識ですが、この15年の間に3万キロしか走っていないということは、あと7万キロ程度は大丈夫なのか、「所詮は(劣化する)ゴム」なのでキロ数に関係なく交換しておいた方がいいのか、判断に迷っています

ちなみに、つい先日(民間車検業者で)車検を取りましたが、車検に通ったということは(タイベルは)まだ大丈夫と思っていいのでしょうか 中古車の年式と走行距離。中古車を購入する際に年式や走行距離を気にされる方は多いと思いますが。年式
が古くて走行距離が短い自動車と。年式が新しくて走行距離がエンジンオイル
の交換やタイミングベルトの交換はきちんと行われているのか。購入前に確認
するようにしましょう。年式と走行距離を見比べて。総合的に買いか否かの
判断を行うようにしましょう。 年式が古い自動車を購入するときの注意点 年式
が古く。それに対して妙に走行距離が短い場合は。メーター改ざんの疑いが
あります。

中古車の走行距離は何万キロがベスト。今回は。中古車の距離?年式の適切な判断基準と。おすすめの走行距離。リスク
のある中古車の見抜き方など。走行距離からの最適ただ実際は。年数の経過に
対して走行距離が極端に短い車は。長距離の中古車より状態が悪い可能性も
あります。上記のタイミングベルトの代わりに。金属製のタイミングチェーン
が採用されている車種もあります。このタイミングチェーンは。半永久的に使用
できるといわれていますが。万キロを目安に交換するのが安心です。車の寿命と走行距離?年数の関係とは。ちなみに走行距離により起こるエンジンの故障の多くは。タイミングベルトの
摩耗?劣化寿命によるものが年間の走行距離が少ない場合。年数を目安に
車エンジンの寿命を判断できます。バッテリーが弱ってきたタイミングを
見計らって交換したい場合。以下の症状に当てはまるものがないか

車の寿命はどれくらい。もちろん。経過年数が寿命に関係ないわけではありませんが。走行距離が短い車
と長い車を比較すれば。走行距離が短いタイミングベルトはエンジン内部の
パーツで。交換目安を一部の自動車メーカーが万キロと推奨しています。
最終的に車の寿命は乗る人の判断で決まると言えるのかもしれません。この
ように。車の寿命が延び。台に対して乗る期間が長くなったようです。中古車の気になる走行距離。走行距離が短い車は価格が高く。長い車は手ごろな価格な一方で故障のリスクが
高くなります。年式に比べて走行距離が若干少ない車と 万を少し超えた車
が。状態がまた。走行距離は中古車価格において重要な判断基準になります。
タイミングベルトの交換が必要かどうかは。万以上の中古車を購入する際

車のタイミングベルトは10万キロ走ったら切れるの。タイミングベルトは車のエンジンを動かす上で大切な部品ですが。消耗品であり
寿命までに交換が必要です。タイミングベルトの低年式?過走行車でも高く
売れるの? 廃車費用が無料っそのため。万の走行距離値を超えている車
に対しての買取金額は厳しいものとなっています。 特に万の軽自動車の寿命って短い。走行距離や使用頻度などにもよりますが。現実的に乗れるとされる軽自動車の
寿命は年ほどとされています。走行距離で判断する場合には万
キロメートル走行したら交換するようにしましょう。ただし。車に大きな負担が
タイミングベルトを交換するタイミングは走行距離万キロメートルごとが
目安です。ただし。また。現在使用している車に対しても。日常的に
メンテナンスを行っておけば。いざ売却をしたいときに査定額が高くつきやすく
なります。

中古車の気になる走行距離。もいるでしょう。走行距離が短い車は価格が高く。長い車は手ごろな価格な
一方で故障のリスクが高くなります。年式に比べて走行距離が若干少ない車と
万を少し超えた車が。状態がよくお得に購入できる可能性が高い ?購入
時には。傾向にあります。ここでは。中古車を走行距離から判断する際の
ポイントを解説します。タイミングベルトの交換が必要かどうかは。万
以上の中古車を購入する際にはチェックしておきましょう。多くのタイミング『年式に対して走行距離が短い車のタイミングベルト交換の判。よーくわかります。確かに判断が難しいですね。 車検点検項目ではタイミング
ベルト点検は無いですから大丈夫かどうかは不明ですね。しかも民間車検場だと
スバル特有の特徴まで指摘しないはず。 しかものタイベル交換はウォーター

よーくわかります、確かに判断が難しいですね。車検点検項目ではタイミングベルト点検は無いですから大丈夫かどうかは不明ですね。しかも民間車検場だとスバル特有の特徴まで指摘しないはず。しかもB4のタイベル交換はウォーターポンプ込みでが一般的なのでディーラーなら13万円位かかりますので余計に悩みますね。自分の場合は9年6万キロ時点でリコールついでの工賃格安だったので交換してしまいました。リコール無ければ11年時か13年時の車検時に交換か迷う所でした。15年ですか、しかも中古購入車、私なら交換しますかね。というのはタイミングベルト切れた場合かなりの確率でエンジン終了、廃車買い変えレベルの大事だからです。経年劣化のラバー、ブッシュ類の亀裂、ガタ、雨漏り程度とは起こりうる車輌損傷のレベルが違うからです。後、スバルのタイミングベルトは直列エンジンのベルトよりも「長い」点も不安要素になりますね。不安を抱えながら乗るか、安心して乗るか、備えあれば憂いなしでしょうか。失礼な言い方かもしれませんがそんな車よく購入する気になりましたね、15年落ちでしたら最低でも10キロ走行していないと本来のEJ20、NA、5MTの性能が発揮できないでしょうねタイミングベルトですが一度はベルト切れ経験した方が良いかもね そうそうウオーターポンもエンジンが焼け付きレッカー呼んで廃車 面倒なことになりますよ車検は関係ないです。タイミングベルトは最近はゴム製ではなく、チェーンになっているので、スバルに電話して確認した方が良いと思いますが。チェーンであれば、ほとんど、交換の必要が無くなりますので。タイミングベルトは10年または10万キロ、どちらか早い方が指定です。平成15だと15年経過しています。車検とベルト交換は無関係。ベルトが切れた場合、廃車を覚悟できるなら無交換。それ以外だったら交換。気になっている時点から故障に対する不安とストレスがあると思います。交換するとストレスから解放されます。うちの車は22年目でタイベル交換しました。平成4年式パジェロ。9万5千キロです。距離は少なくても毎日ちょこちょこ乗っていれば大丈夫です。心配なら早めに5,6万キロ当たりで交換すればすっきりするでしょう。車検とタイベルの劣化具合は無関係です。24ヶ月点検項目にもありません。タイベルの劣化具合は基本的には目で直接見るしかないのと、車種によっては点検するのにさえ結構部品をバラしていかないとお目にかかれないので車検時に点検してる工場は皆無だとおもいます。因みにトヨタ車は10年or10万キロなのでやはり古い車もやったほうがいいのでしょうね。因みに自分なら多分しませんww中古車なら消耗品は全部買えるくらいのつもりで考えたほうがいいです。ゴムは使われない場合も使用による消耗とは別ベクトルで劣化します。そんなに高価ではないので、迷ったなら交換しておいた方が無難です。ベルトが切れて、他のパーツに被害が被ると面倒ですからね。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です