TAGS: 肩車から落下

肩車から落下 母に謝って欲しい 一歳半の子供がベッドから。嫌なことを言う親もいるのだな、が私の感想です。母に謝って欲しい 一歳半の子供がベッドから落ちて怪我をしました その事を母に言うと、「もうベッドから落とさないで この子は生まれてからずっと傷だらけの人生だね」と言われ凄く傷付きました 夫婦で子供に謝り救急病院にも行きました ベッドに柵を付けて部屋中クッションだらけにして対策もしてます なのに、こんな事を言われて母を許せない自分が居ます 子供が怪我をする度に、その言葉を思い出して泣きそうになります しかし、母からは「いつまで拗ねてんのよ」と言われ、兄弟からは「許してやったら 気にしすぎだよ、母も心配なんだよ」と言われます 許せない私がおかしいんでしょうか 謝って欲しいと思うのは変ですか 「上手な叱り方1~2歳」。最近うちの子は。テーブルによじ登ったりして。危ないから。やめてほしいの
ですが。何度言ってもやめてくれません。本当に危ないとき以外は好きに
やらせて怪我だけはしないように見守ってます。今歳半ですが。真剣な顔で
一度教えたらきっちり守ってくれるので。道路に勝手に出ないことと包丁には
触らないこと。熱いよと言われその時の気分で言い方を変えるようなことはせ
ず。子供の目を見て。険しい顔で。いつもより低い口調で。危ないことと。
テーブルはご飯を

教えて。に行くべき? 子どものケガの手当てについて。専門家に聞いてみましょう。
自分で踏み台を持ってきて。妹のベビーベッドにのぼったこともあります。落ち
て頭を打ったもう少し大きな子どもでも。以上の高さから落ちて。衝撃の
強い場所で打った場合は心配なケースです。 すぐに病院に受診を迷う場合は。
子ども本人の状態がそれほどでもないときが多いので。しばらく様子を観察して
ください。 子どもの様子たいです。 歳か月 男の子のママ肩車から落下。父親の肩車から落ち。幼少から車椅子生活となった子を身近に見ていたからです
。○1歳の娘の父親です。企業も。子どもの事故が起こる可能性を考えた
製品開発を行ってほしいです。妊娠して母子手帳をもらう時。母親学級や両親
学級。1カ月健診等の時に発育に合わせて情報を提供したらどうでしょうか。
安全で安価なベビーベッドを。注意書きを添えてレンタルできないでしょうか。
これはけがだけでなく。事故などで亡くなった場合も同じです。

月齢?年齢別で見る起こりやすい事故乳幼児の事故。歳から歳までの子どもの死亡原因は「不慮の事故」が最も多く。また。死亡に
いたらないまでも。事故は日常生活の中で事故は”全く予測できない”と以前は
考えられていましたが。最近では子供の事故においては。予防可能な事故が多く
ある誤って上から物を落とす; クーファンごと赤ちゃんを落とす; 上の子が
抱き上げて落としたり。物を食べさせたりするベッド。ソファなどから落ちる
階段や段差のある所には柵など転落防止対策を必ずする; 安全を確認しての開け
閉め体験談子どもが友達に怪我させた。先生から一連の流れを説明して頂き。怪我の状況。相手の子の状態について一番
初めに確認した。気をつけたことは。相手の都合を聞いて相手の時間に合わせ
て謝りに行きました小学年生の男の子のママ「一歳半の子どもとの
遊び方がわからない」オススメ遊び&おもちゃはコレだっ!や料理ロタ
ウイルスワーキングマザーワンオペ育児一人っ子七五三三人目欲しい上の子下痢
下腹部痛中学生中耳炎主婦乳児喘息乳児湿疹乳糖不耐症チェック乳腺炎乾いた

涙が止まらないとSNSでも話題。同じ育児中のママとして。共感したり元気になれる詩なので。よかったらぜひ
紹介してください。粉々になったビスケットの食べこぼしも小さなおもちゃの
部品もあなたの細い柔らかい髪の毛も落ちていないことを知り子どもたちに
いうことを聞かせよう。ちゃんと自分の事は自分でできて欲しい。なのに
うまくいかない。ワガママで反抗的な息子にイライラ現在8ヶ月になる男の子
の母親です。もうすぐ歳になる娘がいます。歳半を過ぎた頃から日記を書き
始めました。

嫌なことを言う親もいるのだな、が私の感想です。でもこれはもう、神様からのプレゼント。こんな親になっちゃだめですよってこと。お子さんはこれから益々失敗をする年齢です。子供のどんな失敗に対しても、母たるもの、追い討ちをかけるセリフを口に出してはなりません。よく親子でご飯をいただいていて、子供さんがお茶のカップを倒してしまったりすると、コレっ!と瞬間に子供を叱る親がいます。むしろそういう親ばかり。子供の行動を読めない、子供が失敗する時期は、親がそっとカップの位置をずらすとかして、失敗を未然に防ぐことが大切で、それができない時に子供のせいにしてはいけないし、まして、もう取り返せない時になってそれを非難するなんて無意味です。あらあら、失敗しちゃったね。大変、ごめんなさいね、と子供の代わりに、ご迷惑をかけている周囲に謝ってお掃除するのが正しい対応です。家では謝る必要はなくても、やはり、しまった!という気持ちに共感して一緒に後悔し、代わりに片付ける、というだけ。子供を責めるなんてダメです。温かい親子関係でいたいものです。せっかく親子として生を受けたのですから。失敗を責めない。失敗に追い討ちをかけない。失敗は、心にスキのある時に起きやすいのですが、家庭では心はスキがあってもいいのです。致命的な失敗は避けるようにすればいい。ただやはり、危険は絶対に避ける!と私は子供達の乳幼児期はかなり神経質でした。子供とお風呂に入って、自分が洗髪したことは結局一度もないというレベルです笑お子さん、怪我で済んで何よりでしたね。1歳半なら、クッションでの対策は私ならしません。ベビーベッドに入れて柵を上げている月齢ではないように思います。柵がかえって落下の高さをあげますよね?柵の上から床まで何センチあるかしら?私はその月齢の頃は和布団にしていました。クッションがあっても自分の体重で首や指を傷めることはあり得そうです.気をつけてくださいね。じゃあいちいち母親に報告しなきゃいいじゃない。同居していて隠せないなら別居すればいいじゃない。というか、そんなに頻繁に怪我なんかする?あなたこそ子供に謝るべきじゃない?親に八つ当たりしてもしょうがないですよ。ベッドを止めたらいいんでないの?私も母親にいろいろと心無い言葉を投げつけられてきたので、あなたの気持ちは分かりますよ。けど、あなたの母は残念ながら娘の気持ちを考えてモノを言えないバカなので、スルースキルを身に着けたほうがいいのかもね。あなたも子ができた以上、10年か20年後くらいには自分の子と同じようなことで喧嘩するだろうから、反面教師だと思うことですよ。。ずっと傷だらけ、という言葉が気になりますが、そんなにお子様は頻繁にお怪我をされているのでしょうか。あまり頻繁に怪我をしているのであれば、それこそ心配だったのだと思います。しかし今回に限っての事故でいわれたのであれば、ご依頼者様も納得はいかないでしょうね。もしかしたら「こんな管理のしかただとこの子は今後も怪我をしていく」といいたかったのかもしれませんが、それならそれで「こういうことに注意していくほうがいい」といってもらえれば違ったでしょうね。母親は得てして深く考えずにズバッと傷つく一言を発しがちです。私も母にいわれた事ありますお母様の性格も大いにあるでしょう。今後も同様のことが発生する可能性はあると思います。自分がどんな言葉で傷つき、どう捉えたのかを、落ち着いた状態で話し合い理解を求めるとよいのではないでしょうかあなたの怒りは、失言をしたお母様にではなく、自分の罪悪感からでは?お母様に八つ当たりしているように感じました。母を許せないのは、自分に落ち度がある事を棚上げしているに過ぎません。目を離してはいけない事、安全対策をする事、それは怪我を負う以前にすべき事です。謝ってもらったところで、あなたの失敗がなくなるわけではありません。お母様のおっしゃる通りです。以後気をつけます。という真摯な心掛けが今後の育児にも役に立つことかなと思いますよ。育児は育自。子育てをする上で、失敗もあります、怪我もあります、病気もあります。それを受け止めて乗り越えて、子供と一緒に親として成長する機会ですね。そこまで不注意なら、お母さんも怒りたくなるかな。ご兄弟の仰る通り!子供の死因の第1位は、家庭内の事故なんです。よくよく気をつけてね。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です