TAGS: 源氏物語と須磨

源氏物語と須磨 源氏物語の須磨で画像の文章にあるつれなき。現代語訳の「あれこれして過ごす」は「しありく「し」が脱字」の訳であって、「つれなきさまにさりげないそぶりで、」が訳されていません。源氏物語の須磨で、画像の文章にある「つれなきさまにありく」なんですが、現代語訳には「あれこれして過ごす」としか書いておらず、なぜこの場面で平気な様子であれこれして過ごしたのかがわか りません 理由がわかる方、教えていただけないでしょうか 緊急なのでコイン500枚つけます 源氏物語と須磨。源氏物語 イメージ画像 源氏物語の中で。主人公である光源氏にとって。大きな
転機となったのが。「須磨」「明石」の巻です。 都から遠く離れた地で。
朧月夜との逢瀬が発覚。彼女は政敵?弘徽殿女御の妹であり。兄朱雀帝の寵姫
でもあるが。危険を顧みず。恋愛のスリルを楽しんでいた源氏でありました??
?。源氏物語『須磨の秋前栽の花。ここでは。源氏物語の中の『須磨の秋前栽の花。いろいろ咲き乱れ?』の
現代語訳?口語訳とその解説を記しています。 ※源氏物語は下には思ひくだく
べかめれど。ほこりかにもてなして。つれなきさまにしありく。

源氏物語「須磨の秋/心づくしの秋風」須磨2/2。a前栽の花いろいろ咲き乱れ。おもしろき夕暮れに。海見やらるる廊に出で給ひ
て。たたずみ給ふ御さまの。ゆゆしう清らなること。所がらはましてこの世の
ものと見え給はず。③下には思ひくだくべかめれど。誇りかにもてなして。
つれなきさまにしありく。八月十五夜。禁中独直対月憶元九」『白氏文章』「去りゆく人?来る人。遣水を深く流し。植木類を植えたりして。もうすっかりと落ち着きなさるお
気持ち。夢のようである。源氏。須磨での生活開始源氏。京の方々へ便り
下には思ひくだくべかめれど。ほこりかにもてなして。つれなきさまにしありく
。その夜。主上のいとなつかしう昔物語などしたまひし御さまの。院に似
たてまつりたまへりしも。恋しく思で出できこえたまひて。 「恩賜の御衣は今此
に在り」

源氏物語「車争ひ」原文と現代語訳?解説?問題。今回はそんな高校古典の教科書にも出てくる源氏物語の中から「車争ひ」
について詳しく解説していきます。 […]御供の人々うちかしこまり心ばへあり
つつ渡るを。おし消たれたるありさまこよなう思さる。 [影をのみみたらし川の
つれなきに 身のうきほどぞいとど知らるる] と。涙その車は斎宮の御母で
ある六条御息所が。もの思いに乱れていらっしゃるお気持ちの慰めにもなろう
かと。人目を避けてお出かけになっているのであった。源氏物語「須磨の秋」源氏物語の須磨で画像の文章にあるつれなきさまにありくの画像。

現代語訳の「あれこれして過ごす」は「しありく「し」が脱字」の訳であって、「つれなきさまにさりげないそぶりで、」が訳されていません。源氏に従って須磨まで来た従者たちは、それぞれ都に恋しい親兄弟、妻子を置いて来ています。みな、都と家族が恋しい、そういう気持ちを雁の群れに託して歌に詠みます。これが前の部分。中でも前右近将監は、父が常陸介になって任地に下った時にも共に行かず、源氏のお供をして須磨に下りました。内心では葛藤があるにちがいないのに、そんなことは気にしていないふうに、さりげないそぶりであれこれ源氏の身のまわりのお世話などこまごました用事をして過ごしている、ということです。「親の常陸になりて???つれなきさまにしありく。」の訳に捕捉をつけて書きますね。[現代語訳]親が常陸勤務となって下って行ったのに一緒に行かず、須磨に来てしまっていました。そのことを心ではあれやこれやと思い悩んでいるだろうけれども、表面上は誇らしげにふるまって、平気な様子で過ごす。といった感じで、親についていかなかったことを悔やんでいるのですが、強がって見せている様子が書いてあります。これで大丈夫でしょうか?

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です