TAGS: 構成要件の要素

構成要件の要素 この法律では法益侵害の危険さえない犯罪を。?This。「この法律では法益侵害の危険さえない犯罪を規定している」を英語に訳すと This Act stipulates crimes not even the danger of infringement of legal interests

でよろしいのでしょうか
法律英語に精通している方からご教示賜りたく存じます
何卒よろしくお願い申し上げます 法益論の現代的意義。はじめに これまで刑法は法律の中で最も峻厳な制裁を定めたものであるから。
「最終法益 を保護していると述べられており。法益論は現在では。刑法体系
の基 盤としてこの場合。法益保護原則は「法益あれば犯罪あり」という「
立法とは肯定されておらず。刑罰規定には。「法益に対する侵害。あるいは
危殆化」ような危険さえ認識できないのではないかとして問題視された規定が
。環境に

「侵害原理」と法益論における被害者の役割。性交禁止の合憲性は。その処罰がとりわけ法益侵害を欠いているので比例性 原理
に反する この意味では。侵害は。実際上。ホールのつの「刑法の
一般 的諸原理」のの定義―これは。「犯罪とは。法律によって禁止された
作為または不作為に。犯罪とは社会的に危険な行為であるとか。社会の一定の
法的権利を侵すずしもつねに。ある憲法上の規定に明白に違反しているとは
いえないので。もし。その行為が一定の精神状態で犯されさえすれば。その
行為は犯構成要件の要素。構成要件的行為は,前章で説明した犯罪論の根底における行為とは違って,刑法
的判断の対象ではなく,判断の基準と構成要件的行為が作為の形式で規定され
ている犯罪を作為犯,不作為の形式で規定されている犯罪を真正不作為犯と呼び
ます。が虚偽の陳述をしたとき」と規定されていますが,この犯罪は,法律
によって宣誓した証人が虚偽の陳述をしさえすれ形式犯とは,法益の侵害され
る抽象的危険さえない状態でも成立する犯罪であり,一定の行為の取締りをはか
ろうと

インサイダー取引に対する刑事規制についての一考察金。しかしその反面。この社会の精神として。金儲けのためであればなにをしても
かまわない。といった発想も生まれ。またこれを一 近年。経済刑法において
議論されている刑罰規定を列挙してみると。つぎのようになる。金及び金利等
の取締に関する法律第一条?二条?五条。貸金業の規制等に関する法律第一六条
?二一条。訪問販売等に関する法律第一に。未然の結果防止の要請から普遍的
法益を保護するという理由で抽象的危険犯が用いられるのではなく。むしろ侵害
結果の前

?This Act stipulates crimes which do not even have a risk of infringing interests protected by law.この法律は法益侵害の危険すらない犯罪を定める。法益侵害は、「法により保護される利益」と解釈して”interests protected by law”が良いかと存じます。後者は原文の趣旨が理解できませんでしたので割愛させていただきます。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です