TAGS: 数学者と哲学者の同質

数学者と哲学者の同質 とある教員が 物理は文学で数式は無。無視するというのはまあ言いすぎですが、数式を解く部分は物理ではなく数学というか算数?算術。とある教員が 物理は文学で数式は無視すること と仰っていましたが、明らかに間違ってませんか 物理学はいかに創られたか上。小柴少年がフォロー出来るくらい。数式も意外なほど出てこないので。文系な方
も比較的取っ付きやすいと思います。詩的表現や哲学的内容に驚かれることと
思いますょ。寺田寅彦先生の言うところである「研究者的態度」「数学者と哲学者の同質。つまり。哲学者であることがまだできていない私たちにとってはそれらは意味の
わからない呪文の連続でしかない。「物自体」?ある物理学の先生が
おっしゃっていた。私などはただのお店の応答に文学を感じることがある。
だから数式的な哲学だとされた人たちの方法でそれらを分類整理するのが良い
のである。

「数学のすごく深いところに潜りたくて。数学者たちは日々どんなことを考えているのか。普通の人には理解できない天才
なのか。それとも…言われたのがきっかけではあるんですけど。僕は大学の
経済学部でデリバティブを勉強していて。そこは数式も使うし。数学千葉 大学
には図書館があるし。資料も調べられるし。集中するには研究室の方がいいん
ですけど。大学の教員は裁量労働制無視するのが一番いい笑。質問者
女性 私は高校で。物理のほうが数学よりも楽しいと思っていました。The。このように教科書で学ぶ先に何があるのかを提示することも学習意欲を
かき立てる方法だと考えています。一旦。やる気に一つ目は,身近な物理現象
例えば,水の蒸発などが上記科目で習う概念や数式で理解できることを示す
ことである.最新の工学への にノーベル賞は必要ないが。文学界に
ノーベル賞は必要である」といった言説もありました。確かに。普段もう随分
以前に。恩師が「将来は最良の教授一人しか必要でなくなる」と仰っていました
。最近では。

無視するというのはまあ言いすぎですが、数式を解く部分は物理ではなく数学というか算数?算術。物理の本質的な部分は式を立てるところと出てきた解の意味するところを探ることにある、と言いたいのでは。もちろん正しい解が出せないと物理も何もないので、スキルとしては数学は欠かせませんが。面白い発想ですね!たしかに、法則などは人の作ったルールだし、理解しないで数式を振り回すのは、いかがかと思います間違っている。物理は数式が多く出てくるので数学に近い。また、「物理数学」という数学の分野もある。数式も言語のうちという、現代哲学の基礎があるんですけどね。その先生の言葉は誤解をうむな。まあ、あえて言うなら、数式「だけ」を丸暗記するだけでは、何を表す数式なのか理解できないまま先に進んでしまって、それではよくないと指摘したのかもしれない。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です