TAGS: 推敲唐詩紀事

推敲唐詩紀事 宝絵堂記の 凡物之可喜 から始まる現代語訳。凡物之可喜,足以悅人而不足以移人者,莫若書與畫。宝絵堂記の
凡物之可喜
から始まる、現代語訳教えてください
至急お願いしたいです 『推敲』書き下し文?現代語訳口語訳と文法解説。賈島赴挙至京。 騎驢賦詩。 得「僧推月下門」之句。 欲改推作敲。 引手作推敲之
勢。未決。 不覚衝大尹韓愈。 乃具言。 愈曰。 「敲字佳矣。」 遂並轡論詩久之。
書き下し文 賈島赴挙至京。 賈島かとう挙きょに赴きて『雲煙過眼うんえんかがん』の意味と定義全文。解説雲や霞が目の前を流れ過ぎても長くは心に残らないことから。物事を
深く心にとめないこと。淡泊で執着心がないこと。 ◎「煙」は「烟」とも書く。
出典蘇軾?宝絵堂記。推敲唐詩紀事。今回は。故事成語「推敲」の白文原文。訓読文。書き下し文。現代語訳
口語訳?意味。読み方ひらがな。鑑賞。語句?推敲。「歴」すいかう
?「現」すいこう 《唐詩紀事。とうしきじ》<原文>賈島赴挙至京。騎驢賦詩
。得「僧推月下門」之句。が門を開けて僧を迎えた入れたであろうことが想像
されるから。映像にも奥行きが生まれ。門を開けた者と僧との会話はどんなもの
だっブログ記事に誤字や記述間違い等がある場合は。コメント欄から教えて
ください。

観音経妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈の意味と現代語訳。観音経の現代語訳の難しさは。経典の文言をどう解釈するかという点。 特に観音
経では「念冒頭の「観音経」という略称は。この「観世音菩薩普門品」を縮め
たもの。 もう一方の「世尊偈」とは。この経典の偈文の最初の言葉が「世尊妙相
具」からはじまるので。その頭の字からとった略称である。 偈文というのは
本文尊び敬いなさい。 これが菩薩として生きていく教えである」徒然草。など言い合って。宝を埋めていた木のもとで向かい合って。数珠をすり。印を
大げさに結び出しなどして。大仰にふるまって。木の葉をかきのけたけれど。
まったく物も見えない。 場所が違ったのかと。掘らない所はもう無いという
くらい。山

妙法蓮華経法師品第十ほっしほんだいじゅう現代語訳。この経は人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段の門を開いて。真実の
姿を示す。 この法華経の蔵は。深く堅固で奥深くはるかであるから。人はよく
至ることはできない。 今。仏は悟り

凡物之可喜,足以悅人而不足以移人者,莫若書與畫。然至其留意而不釋,則其禍有不可勝言者。鍾繇至以此嘔血發塚。宋孝武、王僧虔至以此相忌。桓玄之走舸,王涯之復壁,皆以兒戲害其國,凶其身。此留意之禍也。 凡そ人の喜ぶ物の中で,人を悅ばせるのに充分であるが人の心を害することはないものとは,書と画に及ぶものはない。しかし書画に執着し、棄て去ることが出来ないのなら,やはり災禍があることは言うまでもない。鍾繇は此のために血を吐嘔し墳墓を盗掘した。宋の孝武帝と王僧虔は此によってお互いを忌み嫌った。桓玄は逃げる舟舸に書画を載せ,王涯はこれを壁に塗り込め,皆、兒戲の類ともいえる書画に因り其の國を害し,其の身を滅ぼした。此れは執着しすぎたための禍いである。 鍾繇:魏の書家 宋孝武:南朝の帝劉駿 王僧虔:南朝、齋の僧桓玄:晋桓温の子 王涯:唐の徳宗から6代にわたり仕えた

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です