TAGS: 少子化対策について

少子化対策について 結局少子化はメリットの人とデメリット。少子化問題と人口偏在の問題は分けて考えた方が良くないですかね。結局、少子化はメリットの人とデメリットの人はどちらが多いのでしょうか なんでもそうだけど、人間なんて所詮は自己中ですから
自分の立場にそって賛否をだしますよね

例えば結婚願望ない人、都市部出身で都市部在住者などは
少子化はメリットという人が多い ???? 理由は日本の都市部は他の国の都市部と比較してかなり人口密度が高い事や、都市部は少子化してくれてても子供が少なく静かでよいという利点に対し、労働力や税収になる人はいくらでも地方からくる事、今後は移民推進法みたいのも緩和するので外国からもたくさん来るでしょうから、別に子供がいなかろうと、将来の労働者や納税者は他所からくるので、むしろ子供なんてあまりいない方が良い あとは増税されて他所の子供の学費や医療費に使われるなどが腹立たしい、こういう意見が多いと思いますし

逆に地方や田舎の方からみたら、多くの所が人口減少や高齢化問題や人手不足が問題になっていますので、自分の文化を消したくない、後継ぎを残したりなどあると思います ← 個人的にみればここも、そちらが都会に勝手に流出させているのが悪いのでは とは思っているけど

など、出身地、生活地、子持ち子なしかなどさまざまな生活環境や立場により
少子化のメリットやデメリットは個々でかわってくる

国でみてもどうなんでしょうね、あまり本腰も入れていない
2,3年前に「保育園死ね」発言がしつこかったので
待機児童とか問題がとりあげられるようになり
保育園増設や無償化などになってきて ← これもよそさまの税金なので対象外の人は子供手当の時みたいにほとんどは反対でしょう 日本の少子化問題とは。現代は子育てまでのプロセスが厳しく。選択肢から遠のいてしまうことが多いの
も確かです。 結婚や出産は強要できませんが。結婚や出産をしたくてもできない
という人たちを助けることはできます。少子化

発想転換。これらは。少子化によって引き起こされるネガティブな側面と言われている。
また。食糧やエネルギーの自給率が低い日本では。需要も軽減されることが
メリットになるという。の場合。「少子化社会」はその対極にある「高齢化
社会」と背中合わせであるため。労働生産面で懸念を唱える人が多い。結局。結局。少子化はメリットの人とデメリットの人はどちらが多いのでしょうか?
なんでもそうだけど。人間なんて所詮は自己中ですから自分の立場にそって賛否
を少子化対策について。下記は昨今の「少子化対策」についていろいろと調べた結果をまとめ。保育園
運営者として感じたことを記しています。いろいろ長々国立社会保障?人口
問題研究所では。少子化を①子どもの絶対数が少なくなっている。②出生率が
低下しています。少子化を社会問題として論じるときは常に。少子化=
デメリットという前提が随伴しています。比較的高い年齢層を中心にして。
少子化を嘆き。その原因である非婚を非難する人が相変わらず多い。メリット,
デメリット, その他

結婚に失望した女性は多い。デメリットの中に隠された。結婚のわずかなメリットからなぜ結婚を決意した
のか考察します。結婚すると。どちらが稼いだ収入も。夫婦の共有財産となり
ます。少子化と言われて久しく。子供が減っているのも事実でしょう。結局
のところ。突きつけられているのは。どちらも先の見えない長い道なのであって
。自分さえしっかりしていれば。その道が険しくても乗り越えられるはずなの
です。インド進出のメリット?デメリット。インドへ進出した際のビジネス上のメリット&デメリットについて解説します。
さらに例えば。富裕層を除く。一般的なインドの消費者は非常にシビアな倹約
家が多いとされています。近い将来。少子高齢化に悩む日本市場の縮小は
もちろんのこと。ライバルとも言える中国の経済が徐々に失速していくなか。
多くの日本企業にとって。インド市場は。結局のところ。進出サポート企業を
探すにあたっては。どんな選択をしたところでリスクは避けられません。

3人口急減?超高齢化の問題点。世代間の扶養関係を。高齢者人に対して現役世代生産年齢人口が何人で支え
ているかということで考えると。高齢者人を支える現役世代の人数は。年
では人であったが。少子高齢化により。年には人。年では人
と外国人との共生がもたらす未来と。少子高齢化など。日本と似た課題を抱えているドイツと韓国は。生産年齢人口の
減少を食い止めるため。すでに移民政策に動き出しています。が多く。外国人
の受け入れは。労働力不足を解消するだけではなく。ビジネスにおいても
ポジティブな要素が多いと思います。それまでも彼らはドイツ人の平均賃金を
下回る時給で働いていましたので。結局のところ生産力の向上と賃金の抑制に
貢献し。

少子化問題と人口偏在の問題は分けて考えた方が良くないですかね。総人口は減ってますけど東京都の人口は増えてますよね。少子化が進んでも東京の人口密度が減るとは限らないですよ。それと、そこにあげてる理由には子供は要らないけど外国人労働者ならOKと受け取れる記述があります。それだと人口が減ってほしいのではなくて子供だけ減って欲しいという解釈になりますよ。国全体でみるなら少子化は人口が減ることが問題なのではなくて人口ピラミッドを逆三角形にすることが問題です。社会保障というのはどんなに現役時代に積み立てをして老後に臨んでも、その老後の時期に生産年齢人口が低ければ成り立たないのです。お金をどんなに残してもそれと交換する財?サービスを生産するのは若者だからです。そうなると、老人だけでなくその老人たちが消費する財?サービスを生産している若者たちの取り分も減ります。自分たちには関係ないと思っていても、間接的に国民負担率が上昇していることに気がつかないということは十分ありえます。それを負担してでも子供が減ってせいせいするというリッチな人はいいでしょうけど、大半の人はお金を負担する方が嫌でしょうね。メリット① 国際化が進む少子高齢化が進めば人口が減っていきます。そのために働く人の数も当然ですが減っていきます。働き手を確保するために東南アジアなどの外国からの労働者が増えると予想されます。現在でも介護の現場では数多くの外国人労働者が活躍しています。この先は介護だけでなく、農業や製造業の場でもさらに外国人労働者の数が増えていくと考えられます。外国人が増えていくことで海外の文化を学ぶ機会が増えたり、言語の幅も広がったりすると考えられます。外国人のコミュニティが出来たり、日本の文化との融合で新しい文化が生まれる可能性もあります。過疎化が進む地域でも外国人の移民が増えることで活性化も期待できます。メリット② 労働力が減り効率化が進む労働力が足りなくなるのは避けられないと予想されています。だからこそ、少ない労力で効率よく生産する事が求められます。今でも製造業では機械によるオートメーションが広がっています。これが更に加速して人間の労力は必要なくなっていくかも知れません。機械が進めば、その機械を海外に輸出するビジネスなど新しい産業も生まれると期待されています。AIなどの人工知能の開発もこれから更に加速していきます。自動的に製品を作り出せる能力も開発されるかもしれません。時間外労働や休日出勤なども効率化が進むことで解消されるでしょう。メリット③メイドインジャパンの希少価値が上がる日本人の労働者が減ることで日本独自の文化を表現する特産品なども少なくなっていきます。機械で大量生産されたものではなく、職人がひとつひとつ手作りをした物は今まで以上に手に入りにくくなるはずです。国内のみならず海外からも需要は高まるので、商品価値は上がっていきます。メイドインジャパンのブランド力が高くなり、輸出ビジネスは大きなチャンスになりそうです。メリット④子供が減る事で地球環境に良い人口が減ることは、地球の環境にとっては良いことだとも言えます。日本全体で電化製品の利用が減る事で、二酸化炭素の排出量も減り、地球温暖化対策になります。また、人が減ればゴミの減量にもつながります。また、通勤ラッシュのなどの混雑も緩和されると期待されています。一人あたりの居住スペースも広くなり、環境には優しい状況になると考えられています。メリット⑤子供の価値が上がる事実婚 子供 1子供が減る事で、ひとりにかけられる予算も増えます。子供が少なくなり、大切にされるために子供に最適な環境で子育てが出来ます。学校でも教師ひとりに対する子供の人数も減り、ひとりひとりに目の届く授業が可能です。国の予算も子供が少なくなった分多くかけられ、大学の無償化なども期待されます。世の中全体で子供を大切にしようという社会になるかもしれません。メリット⑥食料自給率の改善現在の日本の職業自給率は40%以下だと言われています。残りの60%は海外からの輸入に頼っている状況です。少子高齢化が進み人口が減ればそれだけ消費が減るので自給率は改善されます。人口が減り、働く人も減っていけば効率化が進み、食料の生産も今よりも多くなるかもしれません。日本独自の食料を開発することで、海外へ輸出できるようになるとも考えられています。メリット⑦選挙の投票率が上がる日本では投票へ行くのは60歳代が最も多く、年代が若いほど投票率は低くなると言われています。少子高齢化が進み、60歳以上の人口が多くなれば投票率も高くなります。テレビなどで国会中継を見ているのも60代以上の人が中心だと考えられます。住民の多くが投票へ行くことで、政治に反映されやすくなります。下に続く少子高齢化の課題を解決で、世界の手本に!ギリシャ日本は他の国と比べてもとても早いスピードで人口が減少して少子高齢化が進んでいます。世界的に見ても珍しいと言えます。2040年頃までには、ドイツやイタリア、スペインなどヨーロッパの国々や、韓国、タイ、シンガポールなどアジアも人口に対する高齢者の割合が30%を超えていくと予想されています。65歳以上の世界人口は、2050年までに約2倍に膨れあがると言われています。他の国でも同じように少子高齢化が進むと予想されている中で、日本の対策がどのようになっていくかが注目されています。子供や若い労働者が減り、高齢者が増え続けていく中でその対応は世界に先駆けたものになり今後モデルとなっていきます。労働の効率化、社会保障の問題、子供の教育の問題など解決していかなければならない問題は山積みですが対策を行っていくことで世界のお手本になります。下に続く少子高齢化のデメリットは?少子高齢化になることのデメリットは具体的にどんなものがあるのでしょうか。デメリット① 労働者が減るメリットのところでも取り上げましたが、働き手不足が大きな問題となります。20代~40代の働き盛りと言われる世代の人が少なくなり、労働力が減少します。労働力が少なくなれば日常の生活のあらゆる場所で影響が出てくると考えられます。製品が作られない、購入できない、経済が回らない???と悪循環になってしまう可能性もあります。デメリット② 国の収入が減る人口が減れば、税金を納める人も減ってしまいます。そのために、国の収入源である税金も少なくなってしまいます。高齢者が多くなれば社会保障である年金も増やさなければなりません。税金を納める人が少なくなり、使う人が多くなっていくという状況になってしまいます。若者の負担が大きくなり、税金の割合が増えて生活が苦しくなるとも予測できます。デメリット③医療や介護施設の不足高齢者が多くなれば、医療機関や介護施設に行く人は多くなっていきます。しかし、働く人が少なく対応できなくなってしまいます。現在でも、介護施設に入居したいけど定員がいっぱいで入れずに待たされているという人も多くいます。これから少子高齢化が進んでいけばこうした問題がますます大きくなるはずです。年老いた妻が、家で夫の介護をしなければならない老老介護も増えていくでしょう。病院も同じように、医師や看護士の不足が懸念されています。デメリット④老後も働く必要がある高齢者が増え、人口が減っていく中で年金はとても重要な問題と言われています。一人あたりに支払われる金額は少なくなっていくかもしれません。その場合、年金だけで生活するのは苦しく定年後でも働いて収入を増やす必要があります。生きていくためには、高齢者でも働かなくてはいけない状況になっていくかもしれません。デメリット⑤国の経済が麻痺してしまう人口が減り、労働者が減り、生産が少なくなり、消費者も減ってしまうという悪循環で日本の経済自体が麻痺してしまう可能性もあります。子供も少なくなるために、子供向けのビジネス市場も縮小していきます。市場が小さくなれば、従業員の給料も減り家計は苦しくなります。節約志向が高まり、消費が少なくなり経済はますます落ち込みます。少子高齢化になってしまうとこうしたサイクルが起こり、国の経済が回らなくなってしまいます。■少子化のメリット石油が枯渇して、石油資源の奪い合いが起きた時に人口が少なければ調達する石油量が少なくてよい。実際、1970年代に日本が行った少子化政策はオイルショックが原因です。燃料の輸入が少なくてすむようにせっせと少子化運動していました。■少子化のデメリット?国内の商工業の需要が縮小し、輸出を前提としないと製品開発の予算を確保できない傾向が増大する。?社会インフラのリストラが必要となり資産の運用効率が悪くなる。ざっくりいうとこんなもんですかね。特に内需のパイの縮小は国際競争力の低下を意味しますから以外と痛いですよ。そもそもの話しとして、「他所から労働者が来るから問題ない」の意見は、「他所から労働者が来なければ問題」という事なので、少子化はデメリットである事の証明になります。少子化への対策方法が異なるというだけで、デメリットである事に変わりありません。別の言い方をすると、全ての国で少子化が発生すれば、当然ながら日本に来るだけの労働者が存在しなくなるので、これは「日本以外?都市部以外は少子化していない」という前提で話しが進められています。つまり「少子化していないから少子化はデメリットにならない」という矛盾した論理でしょう。日本の経済力が落ちている1つの要因は人口減です。〉増税されて他所の子供の学費や医療費に使われるなどが腹立たしい子育てに5000万円かかっても生涯賃金は1?2億円ぐらいかかるので、国力としては生産性に寄与するのでプラスのはず。そして、このプラス分が高齢者を含めた社会保障にまわっているのでは…。むしろ、子供より高齢者の方が医療費とか社会負担の方が多いし、高齢者は生産性はどんどん下がるだけなので、「腹ただしい」みたいな感情論でいうならば、社会的に無駄なのは子供よりも老人の方になっちゃうかも知れません。実際問題、社会保障の多くは子供より高齢者に使われていたはずですからねそれと、海外から労働者が継続して流入するか?は不確定要素です。そもそも海外から労働者がくるのは、日本の方が経済的に豊かだからなのであって、もし日本が経済的に貧しくなれば労働者は来なくなります。100年前の日本は貧しくて、ブラジルに移民していたぐらいですデメリット一人当たりで見た場合金銭的負担が大きいから

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です