TAGS: 国際金融のトリレンマ

国際金融のトリレンマ 経済論開放経済の政策トリレンマとは。投資の勧誘と為替の固定と独自の金融政策は同時にできないので、ペッグ制にしています。【経済論】開放経済の政策トリレンマとは何かを説明しつつ、発展途上国などが為替レートを安定させるために採っている政策を詳しく教えて下さいm(_ _)m
チップ500枚お渡し致します>< 国際金融のトリレンマ。国際金融のトリレンマ」とは年代に徐々に認知されるようになった国際金融
論上の一説です。一国が対外的な通貨政策を取る時に。①為替相場の安定。②
金融政策の独立性。③自由な資本移動。の3つのうち。必ずどれか一つを
あきらめなければならないというものです。 ①の為替自由な資本移動を許し
ながら為替相場を固定するには。金利差があってはなりません。独自の特別な
事情がない限り。経済や金融が成熟した国は。①の為替相場安定の放棄に
たどり着きます。

国際金融のトリレンマ。例えば。「自由な資本移動」と「金融政策の独立性」を選択したもとで金融政策
を行うと。金利など経済ファンダメンタルズが変化するため資本移動が生じ。
為替相場が変動する。これは。「為替相場の安定性」が放棄されたことを意味
する。『政治経済のトリレンマ』から見る世界政治。自国第一主義。反グローバリズムを大きく掲げることに対してなんのためらいも
恥じらいもない。 はその理論を政治経済に当てはめ。「国家主権」
。「民主主義」。「グローバリゼ-ション」のつの政策目標?統治には。
ある程度民主主義的な政策決定を制限するか。グローバル化した経済の開放度を
下げるかをしなくてはならない。現在。先進国では特に米国と英国が国家主権
を主張しながら自国優先政策と反グローバル化を掲げていることを

投資の勧誘と為替の固定と独自の金融政策は同時にできないので、ペッグ制にしています。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です