TAGS: 即発送可能

即発送可能 私の質問に参加されたlikさんに回答リクしま。お疲れ様です。私の質問に参加されたlikさんに回答リクします

あなたの発言です ↓
https://detail chiebukuro yahoo co jp/qa/question_detail/q13198849608
>藤原弘達氏が「創価学会を斬る」で主張したことがいかに的を得ていたかは、佐高信「自民党と創価学会」(集英社新書)などでも引用?指摘されています

質問です
佐高が的を射ているとコメントした藤原弘達の主張とはどういうものでしょうか
また、佐高が引用したのは「創価学会を斬る」のどの部分でしょうか

もう一つ、質問があります
藤原弘達は「創価学会を斬る」を書くにあたり、その奇怪なプロセスを本人が語っています

>「私が書くんじゃない、学生のアルバイト使って、整理して、それをテープで私の味を出すために読みあげるんだ」(『週刊現代』一九七〇年一月二十二日号)

こんないい加減なプロセスで書かれた創作著書の内容に信憑性があるでしょうか
たまたま、佐高の主張と一致した部分があろうとも、それは悪意と偏見がピッタリ重なっただけでしょう
佐高の主張と一致したかどうかが問題ではなく、著書に述べられた内容が事実であるかどうかが問われるのではないでしょうか

シリアで拘束されて帰国した安田純平氏を知っていますよね
↓に「安田純平は自己責任なの シリア拘束からの解放 なぜ行ったのか知る」という投稿があります
https://kininaru journal info/yasuda jyunpei/

この方は、『まとめ』で以下のとおり述べています

>安田純平さんが自己責任という声もありますが、安田純平さんがなぜシリアに行ったのかを考えると、『自分のため』ではありません
>戦争をなくすためには、現在起こっていることをまずは知る必要があります
>戦争や暴力の中で生きているのも、私たちと同じ「人」 戦争は国同士の争いですが、その中で普通に生きている人がいること
>安田純平さんが伝えたかったことは、現地で生きる人を知ってもらうことで、その悲惨さを身近に感じてもらうことだったのではないでしょうか
>そう考えると、「自己責任」とつっぱねてしまうのは、冷たすぎると感じますね

この方の言われるとおり、フリージャーナリストである安田純平さんは、命を懸けてまで現地に赴き、その事実を世に知らしめることでご自分の主張を表明しようとしました
社会で起きていることを正しく情報収集し、その事実を明らかにすることこそ、ジャーナリストの生命線ではありませんか

私は、藤原弘達のような邪推で論を進める手法をとる輩は、ジャーナリストの風上にも置けないと思いますし、そのような著作は読むに値しないと思います
likさんは、藤原が取材もせずに書いた「創価学会を斬る」をそれでも支持されますか PT2。なお。この公開質問状提出の際。検察審査会事務局長から。以前の質問状に回答
がなかった件に関して。「文書での回答は検察審査会議決書に記された限り
なく起訴議決に近い不起訴不当議決を受けまして。本日。大阪地検特捜部に対し
て。適正されました。日本の司法を正す会と週刊金曜日共催の院内集会「冤罪
を生む刑事訴訟法の改悪を許さない」に参加してまた。フリージャーナリスト
の江川紹子さんが。非常に的確な記事を書いておられますので。ぜひ。ご一読
下さい。

国連創設75周年。ロゴ日本語のダウンロードはこちらから国連創設周年 一緒に
つくろう わたしたちの未来年は国連創設国連はこの年を記念して。
世界の人々に対し。未来に関する対話 を促しています。
? 国連本部ウェブサイト [別窓] 分間アンケート日本語 ― 対話に参加
しよう。変化を起こそう #国連創設周年を記念するグローバル対話の
一環として。アゴライメージ との連携で実施された。よく
ある質問[テスト配信動画リンク載せました]。さんと私がでライブ配信します。ライブ配信中はマイル&
クレジットカード&旅行に関することを話したりします。ライブ配信中に皆さん
から届いた質問を回答していこうと思います。 ライブを見るだけも。

セミナーレポート「OfferBox中野社長に学ぶこれからの採用戦略と。ダイレクトリクルーティングの先頭を走るを運営する中野智哉社長には
。現在の企業採用活動はどのように見えて本講座の中で。中野さんは客観的
データを示しながら先入観にとらわれない現状把握と。極めて具体的な活動
という質問が出されました。また。固定概念にとらわれたり。なぜそうなのか
の裏付けがなかったりします。続いて「活躍する人材採用実現のポイント」を
ステップ毎に示された私たちはまさに“目から鱗が落ちた”状態となって株サードウェーブのギモンに回答一覧。ぜひ。たくさんの質問をしてください 皆さん。
こんにちは。株式会社サードウェーブの採用担当です。 就職活動や企業研究をし
ていくなかで。自分にマッチした会社が次第に見つかってくると思います。
これから

「陸浪」の英語?英語例文?英語表現。陸浪を英語で訳すと 日本人名前読み方英語式ヘボン式訓令式ワープロ式りくろう
ō?むつろうō? – 約万
語ある英和辞典?また。同年月に坂本龍馬が暗殺された際には。犯人捜しや
海援隊浪士結社?陸援隊との連絡等に奔走した。こんな質問への回答が
盛り上がっています!浪士組に参加した粕谷新五郎の実家。野口現常陸大宮
市では粕谷家で戦死した者についての碑文を遺している。こんにちは ゲスト
さん掲示板。双頭のカエルについてお伺いします。ヘビ。カメでは双頭の個体がたまに報告
されますが。カエルアフリカツメガエルでは双頭の個体は成体までは育た
ないの因みに。以前。 で得られたオタマをして居る最中
に。中山さん。ご回答ありがとうございます。のカエルが匹
くっついたような動画は初めて見ました。それについて。小学生の参加者から
。「頭がつのオタマジャクシはカエルになったらどうなるのですか?

即発送可能。送料無料メンズブレスレット ブレスレットリンク
沿いで被害が集中した東?錦地区世帯に
自治会を通してアンケートを配布し。世帯から回答を得た同映画祭は。
年から開催されている。カンヌ。ベネチア。ベルリンに次いで注目される
国際映画製作者店主の田中さんは「氏家駅前の活性化につながれば」と頑張っ
ています保護者が昼間家庭にいない子どもを預かりサポートします。覚えるべきビジネス英語表現63選とおすすめ勉強法まとめ。例, これで私の発表の最初
のパートは終了となります。 発表が終わったことを伝えるときは「締めくくる
」「完結する」などの意味を持つ「」を使います。

お疲れ様です。今回も痛快な展開でした。欲を言えばもう少し「待つ勇気」を持って続けてもよかったかなとは感じましたが????。それにしても、いっぱしの評論家気取りでもっともらしく高飛車に学会を批判する人“知ったかさん”が、雨後のタケノコの如く次々と現れるものですね。「内容は低いがプライドは高い」がそうした人々の共通項のようにも思います。>藤原弘達氏が「創価学会を斬る」で主張したことがいかに的を得ていたかは、likさんが仰ったことのようですが、baropeaさんが「的を射る」と正しく使ったのを見てlikさんは>的を得るというのは俗用表現であり正式表現としては的を射るであること、を最初にお断りしておきます。と、「俗用としては正しい」と釈明していますが、何故素直に「間違っていました」と言えないのでしょう。あとのやり取りも、likさんはこれと同様、言い訳とすり替えに終始している感じがします。しかしこのリク質のおかげで今後は学会に関する批判は少しは自重してくれるものと信じます。また同時に、藤原氏の書籍がろくに取材もしない邪推に充ち満ちた取るに足らない如何に悪書であるかを第三者にも確認させることが出来る良いスレ立てだったと思います。>佐高が的を射ているとコメントした藤原弘達の主張とはどういうものでしょうか?また、佐高が引用したのは「創価学会を斬る」のどの部分でしょうか?以下、再び触れることがあれば、質問①とさせて頂きます。まず、的を得る、というのは佐高氏の本を紹介するために私が使った表現であり、佐高氏のものでないこと、的を得るというのは俗用表現であり正式表現としては的を射るであること、を最初にお断りしておきます。その上で、佐高信「自民党と創価学会」2016年刊?集英社新書より、以下いくらか引用させて頂きます。「この本が出てから四七年、藤原はまさに現在の自民党と公明党の連立を予測したような指摘をしている。第二章でも引用したが、以下は藤原の結論である。<創価学会?公明党が目下ねらっているものは、自民党との連立政権ではないのか。公明党は宗教勢力としての基本的性格からいっても、反共であることは否定できない。日本共産党は理論的停滞にもかかわらずいくらかは議席がのび、党員を拡大し、「アカハタ」も売れているという事情にあるけれども、公明党に比べた場合、とくに議会に代表を送る力からみると公明党のほうが共産党を上まわっていることは否定できない事実である。だが、この公明党が現在党勢の拡大によって何をねらっているかといえば、いうならば自民党との連立体制であるとみなさなければなるまい。もし自由民主党が過半数の議席を失うようなことになった場合、公明党に手をさしのべてこれとの連立によって圧倒的多数の政権を構成するならば、そのときは、日本の保守独裁体制が明らかにファシズムへのワン?ステップを踏み出すときではないかと思う。> 藤原の指摘した通り、自公連立が成立した一九九九年、盗聴法通信傍受法が通り、住民基本台帳法が改正されて国民総背番号制とも言える住基ネットの稼動二○○二年八月からが決まり、日の丸?君が代が法制化された。いずれも公明党が賛成に回ったからである。 藤原は、この指摘の後をこう続けている。公明党が社会党と連立政権を組むとか、野党連合の中に入るというようなことは、まずありえないと私は考える。その意味において、自民党と連立政権を組んだとき、ちょうどナチス?ヒットラーが出た時の形と非常によく似て、自民党という政党の中にある右翼ファシズム的要素、公明党の中における宗教的ファナティックな要素、この両者の間に奇妙な癒着関係ができ、保守独裁体制を安定化する機能を果たしながら、同時にこれを強力にファッショ的傾向に持っていく起爆剤的役割として働らく可能性も非常に多くもっている。そうなったときには日本の議会政治、民主政治もまさにアウトになる。そうなってからでは遅い、ということを私は現在の段階において敢えていう。それがこれだけ激しく創価学会?公明党を斬らざるをえない問題意識なのである。」>「私が書くんじゃない、学生のアルバイト使って、整理して、それをテープで私の味を出すために読みあげるんだ」『週刊現代』一九七〇年一月二十二日号こんないい加減なプロセスで書かれた創作著書の内容に信憑性があるでしょうか?評論活動にアルバイトを雇ってはいけない、という法律はありません。もちろん、自分が全く関与していない文章を自分のものとして出すのは、ゴーストライター事件で問題になったように不適切ですが、自分の監修の下に、具体的な取材や資料整理?文章の構成?執筆?入力などの補助者としてアルバイトを使うことは何ら問題がなく、そのような方法を不当ということはできません。>著書に述べられた内容が事実であるかどうかが問われるのではないでしょうか?>likさんは、藤原が取材もせずに書いた「創価学会を斬る」をそれでも支持されますか? まず、私は、ノンフィクション的な文章においては述べられた内容が事実であるかどうかが問われる、という点には同意しますが、藤原氏が「全く」取材をしていない、との主張には同意しません。それは、藤原氏および「創価学会を斬る」を批判する人たちがそういっているだけで、事実ではないからです。たしかに、創価学会が主張するように、藤原氏は、この本の執筆のために自ら創価学会本部に乗り込むなどの「直接の」取材はしていないと推察されます。しかし、藤原氏の同署には、藤原氏が学会員から受けた選挙の勧誘のやりとりがそのまま問答形式で書かれたり、創価学会が公刊している出版物を引用したりして、創価学会が批判されているのであり、そういった根拠事実や資料に基づいて評論することも、社会通念上、広い意味では、取材に基づく評論活動であると評価できるからです。もちろん、藤原氏の書いていることを100パーセント鵜呑みにする、というのではありませんよ。しかし、仮に細かな点でいくつかの間違いがあったとしても、大筋において、事実と合致しているのであれば、それは名誉毀損等の犯罪となるものではなく、憲法で表現の自由として保障される表現活動だと考えます。なお、この質問の前提となっている貴方の前の質問質問文リンク参照では、<共産党や一部の政治家らが、学会、公明党を激しく責め立てた。これが「言論問題」である。>との主張を転載していますが、創価学会以外の世間一般では、この問題は「言論?出版妨害事件」と呼ばれております。現在 0時台のWikipediaによれば 「言論出版妨害事件げんろんしゅっぱんぼうがいじけんは、1960年代末から1970年代にかけて日本で発生した、新宗教団体?創価学会と同団体を支持母体とする政党?公明党が自らに批判的な書籍の出版、流通を阻止するために、著者、出版社、取次店、書店等に圧力をかけて妨害したとされる事件。 憲法に保障された言論の自由及び出版の自由を侵害するものだとして創価学会?公明党が激しい社会的批判にさらされると共に、創価学会?公明党の密接な関係が政教分離原則の観点から問題視された。1970年昭和45年、創価学会会長後に名誉会長の池田大作が「言論妨害の意図はなかった」としながらも公式に謝罪し、創価学会?公明党の問題点を改善することを公約した。」という大事件であり、共産党や一部の政治家がちょこっと学会?公明党をつっついた程度の話ではありません。出版関係の業界団体や大手主要新聞、国会でも、激しく、創価学会員の業務妨害や脅迫等の犯罪行為学会員はたんに布教が勢い余っただけのつもりでも、世間一般の基準では犯罪とみなされておかしくない行為ですが糾弾されたという戦後日本政治?社会史上の一大事件であり、佐高?前掲書では、自民党の機関紙である「自由新報」もこの事件を含め、公明党?創価学会を激しく批判していたことが引用紹介されています。なお、安田某氏に関する質問については、私が安田某氏についてよく存じないこと、その問題についての議論を展開することは私の守備範囲ないしキャパシティーを超えることから、回答を割愛させていただきます。①安田純平さんが自己責任という声もありますが、安田純平さんがなぜシリアに行ったのかを考えると、『自分のため』ではありません。まずその考え方が間違いです。自分の為ですなぜ自分の為では無いと思われるのですか②戦争をなくすためには、現在起こっていることをまずは知る必要があります。他国の戦争に安田さんが介入すれば戦争が無くなるなど本気で思っていないですよね。③戦争や暴力の中で生きているのも、私たちと同じ「人」。戦争は国同士の争いですが、その中で普通に生きている人がいること。人が居ることは誰だってわかっています、民間の人が巻き込まれることも④安田純平さんが伝えたかったことは、現地で生きる人を知ってもらうことで、その悲惨さを身近に感じてもらうことだったのではないでしょうか。何度も捕虜になっているのに?そんなこと出来る人じゃないでしょうそれにNHKなどでも安全な状態での映像を撮ってきているのですよ悲惨さを身近に感じてもらうことが目的なだけならもっと安全なところからいくらでも方法は有りますよね。⑤そう考えると、「自己責任」とつっぱねてしまうのは、冷たすぎると感じますね。今回が初めてなら、よくわからない状態で行動してしまったのだろうなど同情の余地はあるかもしれませんが今回が何度目ですか?何回テロリストにお金払ってもらって解放されれば気が済むのですか?50回、100回続けるような人でも同じ言葉を言い続けられますか?何度も捕虜になって解放されて、そのうえ国から行かないでくださいと止められそれでも行ったのですよねそのうえで、勝手な行動で捕虜になり、毎度のことながらテロリストにお金払ってもらって解放されたのですよね命を懸けた一攫千金狙いの方が様々な国に迷惑をかけ、多額の金をテロリストに何度も払ってもらって主張も何もないでしょうカメラ1台であまり元手もかからず一攫千金を目指しているだけの方を擁護する気も起きません、ジャーナリストなら何しでかしても許されるのですなんてマスゴミからよく聞こえてきますが、あまりにも馬鹿げた事言うなと、最低限の決められた事は守れとその程度の事は当然の事なので①>安田純平さんが自己責任という声もありますが、安田純平さんがなぜシリアに行ったのかを考えると、『自分のため』ではありません。②>戦争をなくすためには、現在起こっていることをまずは知る必要があります。③>戦争や暴力の中で生きているのも、私たちと同じ「人」。戦争は国同士の争いですが、その中で普通に生きている人がいること。④>安田純平さんが伝えたかったことは、現地で生きる人を知ってもらうことで、その悲惨さを身近に感じてもらうことだったのではないでしょうか。上記について安田純平は①他人の為になる事出来ましたか?②現在起こっていることを知らせることを出来ましたか?③普通の生活を報道出来ましたか?④拘束の悲惨さですか?写真を見るとしっかり肥えた豚に見えましたが。貴方に逆質問です安田を解放した身代金がまた弱者の女、子供を殺す事に使われたらどう思いますか?「いや身代金が渡ったとは言えないと」と言うように逃げないように!>社会で起きていることを正しく情報収集し、その事実を明らかにすることこそ、ジャーナリストの生命線ではありませんか?だから安田純平はそれが出来たのかです。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です