TAGS: 三角比について

三角比について tanA=2√2のときsinAとcosA。1+tan2θ=1/cos2θより1+2√22=1/cos2Acos2A=1/9cosA=±1/3tanθ=sinθ/cosθよりsinA=tanAcosAcosA=1/3のとき、sinA=2√2/3cosA=。tanA=2√2のとき、sinAとcosAの値を求めよ という問題の解き方を分かりやすく教えてください数学Ⅰ。1tanA=sinA/cosAこのとき。上の右図のように。AC=
cosA。BC=sinAと表すことができます。例えば。Aが5°のとき。
sin25°とsin5°2の値を計算してみましょう。sinA=√7/4三角比について。=√/ の時。,の値を求める。 =/√,=/√
=/とき。// =/ {} {} のとき, と の値を求めよ。 とき, と
の値を求めよ。 // =/ {} {/{} } のの =/ {} {
} の の値を求めよ。 とき, と =√-/^=√/=/

三角比の相互関係。√√ °≦≦°のときの値を求めてください。 □注意□ =
だからといってtanの値からcosの値を求めるときの分数の式変形について。θ=?のとき,θ,θの値を求めよ。 について,θ の値を求めるとき
に, 三角比の相互関係 +2θ= /2θ……①

1+tan2θ=1/cos2θより1+2√22=1/cos2Acos2A=1/9cosA=±1/3tanθ=sinθ/cosθよりsinA=tanAcosAcosA=1/3のとき、sinA=2√2/3cosA=-1/3のとき、sinA=-2√2/3sinA=2√2/3,cosA=1/3またはsinA=-2√2/3,cosA=-1/3

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です