TAGS: リオ+20とは

リオ+20とは リオ+20の20ってなんですか。1992年にリオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議地球サミット後の20年を検証し、今後10年の経済、社会、環境のあり方を話し合う会議。リオ+20の20ってなんですか 「リオ。いわゆる「持続可能な開発」に関する国際的な協議の場として開催される会議の
通称。国語辞典では「リオ 」の意味や使い方。用例。類似表現などを
解説しています。「国連持続可能な開発会議リオ+20」とは。国連持続可能な開発会議リオ+」 とは 読み こくれんじぞくかのうなかい
はつかいぎりおぷらす; 英名 +
年6月日から日までの3日間。ブラジル
の外務省:。年月,ブラジル?リオデジャネイロで「国連持続可能な開発会議」「
リオ+」が開催されました。月日の全体会議初日に,玄葉外務大臣は
東日本大震災を経験した日本の「持続可能な社会とは何か」という国連持続可能な開発会議リオ+20とは何か。国連持続可能な開発会議リオ+とは何か? 年月日~日。
ブラジルのリオデジャネイロにおいて。「国連持続可能な開発会議リオ+
」 *が開催される。リオ+は。年にリオデジャネイロで開催された「
国連環境

環境用語集:「リオプラス20」。正式には「国連持続可能な開発会議」で通称「リオプラス」と呼ばれている。
年に開催されたリオ?地球サミット「環境と開発に関する国連会議」
から年を機に。年月にブラジルのリオデジャネイロでリオ+20とは。デジタル大辞泉 – リオ+の用語解説 – 《年にリオデジャネイロで開催され
た地球サミットから年後に開かれる会議という意から》年に
リオデジャネイロで開催された「国連持続可能な開発会議」の通称。年に同
地で開催され

1992年にリオデジャネイロで開かれた国連環境開発会議地球サミット後の20年を検証し、今後10年の経済、社会、環境のあり方を話し合う会議。朝日新聞より引用。つまり、「地球サミットの『20』年後の今、話し合う会議」ということですね。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です