TAGS: えきねっとJR東日本

えきねっとJR東日本 JR東日本は新幹線の新しいチケット。モバイルSuica特急券の廃止は、JR東の選択と集中の一つでしょう。JR東日本は、新幹線の新しいチケットレスサービスの導入とともに、現行のチケットレスサービスであるモバイルSuica特急券を廃止すると発表しました モバイルSuica特急券の廃止の理由は、表向きは、新しいチケットレスサービスと重複するため、ということらしいです 新しいチケットレスサービスは、JR東海?JR西日本の東海道山陽新幹線のスマートEXに似たサービスとなりそうです

JR東日本のモバイルSuica特急券は、東海道山陽新幹線のチケットレスサービスのエクスプレス予約やスマートEXの急成長に比べれば、見劣りするように見えます

モバイルSuica特急券の廃止は、JR東日本モバイルSuicaの拡大路線をやめるという、大きな決断とともに、結果としてJR東海などの後についていくような形になってしまった、ということでしょうか えきねっとJR東日本。新幹線チケットサービス」とは? 券売機や窓口できっぷを受取ることなく。お
持ちの交通系カードやモバイルで。東北?北海道。上越。北陸。山形。
秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。早めのお
申込み

JR3社「新幹線にSuicaで乗れる」新サービスから見える駅改札の。JR東日本。JR北海道。JR西日本の社が月から。ICカードを用いた
新幹線のチケットレスサービスを開始する。新サービスを裏で支えるのは。
クラウド化されたシステム。サーバーで予約情報の管理から認証処理
までを行う「センターサーバー照会方式システム」を新たに導入した。JR東?新幹線?eチケット?で使い勝手よくなるか。「モバイル特急券」から「新幹線チケットサービス」へ。東京駅から北へ
向かう新幹線のチケットレスサービスが。月日から大きく変わる。新幹線
チケットサービスを導入するのは。東日本?北海道?西…「新幹線。東日本はチケットレスサービスの「モバイル特急券」をすでに導入し
ていたが。新サービスはモバイル特急券を吸収するとともに。合計種類
の交通系カードに利用の裾野を広げた。 センターサーバ方式採用で

「新幹線eチケットサービス」が始まります:JR西日本。利用いただけるようになります。「チケットレス&スピーディ」でますます
便利になる新幹線で。ぜひお出かけください。今後。新幹線チケット
サービスの導入を記念し。 ロゴえきねっと と ロゴいいごよやく東北?北陸新幹線などチケットレス導入。チケットサービスの導入で。モバイル特急券はサービスを終える。
チケットサービスは。東北?北海道。上越。北陸。山形。秋田各新幹線で導入。
予約サイト「えきねっと」東日本全新幹線がチケットレス対応へ。日本国内の全ての新幹線が。紙の切符を持たずに交通系カードで乗車できる
チケットレスサービスに対応する方向になった。東日本?西日本?北海道の
社は月日から「新幹線チケットサービス」を始める。通常は自動改札機が
交通系カードに記録された予約などの情報を直接処理するが。新サービスでは
予約情報の管理や認証を行うセンター東はチケットサービスの導入に伴い
。機能が重複するモバイルスイカの新幹線乗車サービスを廃止する。

JR東日本などの新幹線でもICカードで改札通過可能に。東日本。北海道。西日本の社は月日。「新幹線チケットサービス」
を月日から開始すると発表した。新幹線チケットサービス」の開始に伴
ない。東日本が発売している「モバイル特急券」は月日限りで終了
する。 《佐藤正樹キハユニ工房》 系『はやぶさ』の普通車車内。新
チケットレス。月日開始 タイムズ。東北新幹線で交通
パーク&ライドサービス初導入 画像 タイムズ。東北新幹線で交通

モバイルSuica特急券の廃止は、JR東の選択と集中の一つでしょう。Apple [email protected]はモバイルSuicaのテコ入れのため、デポジットの自動入金やビューカード以外でも年会費無料などのお土産を持って、Appleを三顧の礼で迎えたものです。表のとおり、iPhone対応後に会員数が大きく伸びています。知恵袋でも、関西圏や九州の居住者でもApple PayのSuicaを使いたい、という質問が増えていて、影響の大きさを感じます。そうなりますね。ApplePayやGooglePayのSuicaを含むモバイルSuicaは、案外受け入れられていません。私はガラケー時代からの愛用者ですが、使われている場面を見ることは未だに希です。ApplePayはカードからの移行ハードルを下げすぎたため、未だに使い方のわからない人が大半ですから。正直、大半のiPhoneユーザーには無理だと思います見劣りするかはともかくソニーが開発した「FeliCa」を応用したものだ どちらも。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です